2010/1/27 水曜日

だいたい・ツラい

column — 長尾 @ 11:11:37

ストーンズの「シャイン・ア・ライト」をDVDで見た。面白くなかった。

クリントン元大領領が彼らを紹介してライブが始まる所からイヤな予感はしていた。だいたいロックバンドが政治家に紹介されて登場するなんて、ちょっと格好悪くないか?

演奏もねぇ、ぜんぜん感動しなかったなぁ・・・僕が唯一良かったと思ったのは、ゲストのバディ・ガイが登場した所だけかもしれない。大好きだったキース・リチャーズもねぇ・・・ギターが弾けてない様に見えたけど。

やっぱり老いるとロックバンドはツラいのか? 映像を見た後に、なぜ良くなかったのかを色々と僕なりに考えてしまった。以前、同じスコセッシ監督が指揮したライブ映画 「ライトニン・ア・ボトム」はかなり素晴らしかった。そこで70歳を過ぎて、椅子に座りながらブルースを歌うB.Bキングは、とてもカッコ良かったけど・・・ストーンズとの違いは何だろう?

もう少し考えてみます。

images.jpg



コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ




ユキヒラ・モノデザイン事務所
843-0151 佐賀県武雄市若木町大字川古8373番地
電話:0954-26-2279


© 2007- Yukihira mono design



ケイタイからも www.yukihira.jp で見れますヨ