2012/2/24 金曜日

Talk is・キース

column — 長尾 @ 9:42:37

ローリング・ストーンズをリアルタイムで知ったのは中学生の頃、

ハーレム・シャッフルを夜中の音楽番組で見た時だったと思います。

その頃は、ハードロックの方が好きだったので

ちょっと物足りなかった様な気がする。

高校2年生の頃にキース・リチャーズ のtake it so hard

これもまた夜中の音楽番組で見ました。

この時は、ちょっとブルースに興味を持ち始めた時だったし、

なんだか悪そうなオヤジが、とてもカッコ良く見えたのでした。

あれから20年以上 経ってもまだ演奏しているから凄いよなぁ(今年69歳!)。

確かに昔ほどギターは弾けてはいないけど、

そんな事はどうでもいいのかもしれない。

繊細なアーティストは若くして死んでしまったけど、

このキース・リチャーズだけは今も生きている。

ロック・ミュージシャンで初めて麻薬で逮捕されたのは 彼なんだけど、まだ生きている。

ステージ上でタバコをすぱすぱ、ウイスキーを飲みながら演奏、

友人の彼女にちょっかいを出す等、人としては問題なんだけど、

音楽に関しては、純粋なのかもしれない。

keith1.jpg

本人は、たぶん悪い事をしたなんて思っていないのかもしれないなぁ。

ただやりたい事をやっているだけ。

それが彼の強さなのかもしれない。

いちいち反省なんかせず、前へ進む。

もしかしたら、これが彼の才能かもしれない。

Before they make me run 



コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ




ユキヒラ・モノデザイン事務所
843-0151 佐賀県武雄市若木町大字川古8373番地
電話:0954-26-2279


© 2007- Yukihira mono design



ケイタイからも www.yukihira.jp で見れますヨ