2012/10/31 水曜日

モットーが・小さい

column — 長尾 @ 10:09:04

昨日は、とある地域の冊子をつくるために、

建築関連の業者の方々に

ライターさんと一緒に取材をしておりました。

主に大工さんや設計士の方にお話をお伺いしたのですが、

とても面白かったです。

どうやってお客さんと知り合ったのか?

という質問の答えのほとんどが、

「人の紹介を通じて」なんですね。

きっちり仕事をした事が営業に繋がっていったそうです。

長く続いている会社のモットーが、

「小さな仕事でも大事に受ける。」て言うのは、

勉強になる言葉でした。

「努力を押し売りしてはいけない」というのも

わかりますね・・・苦労したことほど

ついついアピールしたくなるけど・・・。

quen1.jpg

取材した大工さんや設計士さんのほとんどが

地元で仕事をしている人達で、

大手のハウスメーカーに負けない家造りをしております。

広告業の末端で働いている僕が言うのもなんなんですが、

あらゆる媒体で広告を出して、

モデルルームをたくさん作っているハウスメーカーに

家を依頼するのって、もったいないと思う。

なぜなら、例えば2,500万円の家だとしたら

その半分の金額が広告費、営業費、モデルルーム建設費が含まれていて、実質1,000万円分の予算でしか家造りに使われていない。

(もっとヒドイメーカーもある。)

地元の優秀な建築業者さんに頼めば、

本当に家造りに必要なお金(材料費と人件費)で建てる事ができる。

しかも地域にお金が循環することになる。

ただ、なかなか地元の業者とお客さんが繋がる事が難しいんですよね・・・。

だから安易にモデルルームに行って、営業マンに捕まって

家を建ててしまうケースになってしまうのかな・・・。

家を依頼するお客さんも、やっぱり勉強が必要ですしね。



コメント (0) »

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ




ユキヒラ・モノデザイン事務所
843-0151 佐賀県武雄市若木町大字川古8373番地
電話:0954-26-2279


© 2007- Yukihira mono design



ケイタイからも www.yukihira.jp で見れますヨ